バックナンバー
 
 

2016年〜|2013年〜2015年2010年〜2012年2007年〜2009年2006年以前

↓2018年度出版↓

食べもの文化 11月号 No531

 特集:離乳食 あわてず、ゆっくりすすめましょう  可野倫子
はじめに 赤ちゃんと食べる楽しさを共有しましょう
1  離乳とは、離乳食とは
離乳とは/離乳食の必要性/子どもの栄養量について/離乳食、いつから始めていつ終わるの?/始める前に子どもをよく見ましょう/離乳のすすめ方/注意したい食品の組み合わせ/離乳食づくりで気をつけたいこと(調理形態・方法など)/ベビーフードについて/離乳食は「食べる楽しさを知る」ことのスタート
     
2  離乳食についてのお悩みにお答えしますコーナー
  @丸のみしている子 A口の中につめ込む子 B好き嫌い 
C冷凍した離乳食―栄養に問題はない?
     
食べもの文化10月号
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No530

 特集:エピペンでアナフィラキシーは防げない!  角田和彦
【T】 エピペンでアナフィラキシーは防げない! ―最大の治療は予防が一番!
  死にいたるアナフィラキシーの事例
「経口免疫療法」は一般的な診療には適さない
食物アレルギーで起きたアナフィラキシーは、エピペンで防ぐことはできない
アナフィラキシー・アナフィラキシーショックとは
アレルギーとは――アレルギーの考え方
アレルギー疾患を二つの側面から考える
食物アレルギーはその家庭の食生活への警告
皮膚からアレルギーを起こさせる因子
   
【U】 アナフィラキシーにさせない食事
  発酵食品を食べることでアレルギーを軽減させる
発酵食品でアレルギーを起こさない状態にする
まとめ
   
【V】 角田こども&アレルギークリニックのやさしいレシピ
  卵を使わないオムライス/ポトフ/豚肉のマリネ/きのこのマリネ/かぼちゃのポタージュ/ミネストローネ/肉だんごスープ/さつまいものソフトクッキー/かぼちゃのプリン/弁当(肉巻き・豆腐のうま煮・ポテトサラダ)
食べもの文化10月号
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No529

 特集:除菌・消臭・香り・虫よけ剤の害  天笠啓祐
T  除菌・消臭は健康のためには欠かせないのか?
    除菌・抗菌と言うけれど細菌は私たちの敵≠ゥ
除菌には有害な化学物質が使われている
強い香料が増え続けている
香りの害など化学物質から身を守るには
テレビCMにだまされないようにしよう
 
     
★U  虫よけスプレー・プレートは安全? —ディートとイカリジンについて
    虫よけの忌避剤と殺虫剤
虫よけスプレーには忌避剤が使われている
アメリカ陸軍によって開発されたディート
ディートの害
ドイツ・バイエル社が開発したイカリジン
結論—赤ちゃん・子どもには絶対使わない
 
     
香りの害で、多くの人が苦しんでいる  
  「香害110番」に寄せられた相談が示す深刻な健康被害の実態  
食べもの文化9月号
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No528

 特集:じょうずにかんで、しっかりゴックン  井上美津子
特集 第1部
子育て・保育現場からの「食べる」についての疑問・質問にお答えします
  (1)口の中で二、三回転がしてすぐゴックンしてしまう  
  (2)咀しゃく力が弱い場合、離乳食を前の段階まで戻す…?
  (3)肉などかみごたえのある食べものは、かめずに出してしまうのですが  
  (4)生野菜などパサパサしたものがうまく食べられないのですが  
  (5)離乳食にめん類は向いていませんか? 他  
特集 第2部
赤ちゃんの口の形の発育と機能発達
  1 胎児期――おなかのなかで、哺乳の準備をする  
  2 離乳期前半(出生〜6カ月頃)
  ――お乳の飲み方に少しずつ変化が見られる
 
  3 離乳期後半(生後6カ月〜1歳頃)
  ――乳歯の生え方を観察して離乳食の食形態をステップアップ
 
  4 幼児期前半(1〜2歳代)
  ――食べることで獲得された口の動きがことばの発達を促す
 
  5 幼児期後半(3〜5歳代)
  ――咀しゃく力が高まり大人に近い食事ができるようになる
 
食べもの文化8月号
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No527

特集:清涼飲料——ビタミンC、摂りすぎていませんか
清涼飲料から見えるビタミンCの顔  天笠啓祐
  ・合成食品添加物のビタミンC  
  ・清涼飲料とビタミンC
  ・遺伝子組み換え食品添加物である  
  ・化学物質アスコルビン酸の問題点  
  ・野菜や果物から摂取することが大切  
ビタミンCのはたらきと効用  可野倫子
  ・ビタミンCのはたらき  
  ・必要量は?  
  ・ビタミンCが多く含まれている食品  
  ・ビタミンCのじょうずな摂り方——手早く調理すること  
  ・Q&A  
  ・対策もほどほど≠ノ——これが肝心  
ビタミンC入り飲料、1本飲んだら飲み過ぎ!?  
資料・清涼飲料糖度一覧  
食べもの文化7月号
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No526

特集:梅雨どきの衛生管理
高温多湿と食の安全  笹井勉
  ・食中毒の原因となる5つの物質  
  ・夏場に多い細菌性食中毒
  ・高湿度下における調理場での注意事項  
  ・結露と食中毒  
  ・高湿度時の調理場での対策  
  ・食中毒等の危害を根本的に減らすには  
  ・夏場の食中毒の昔と今  
  ・6月と9月がピークのカンピロバクター  
梅雨どきに気をつけたい体調管理のアドバイス  伊藤陽子
  ・気圧・気温が激しく変化する時期  
  ・気管支喘息で苦しまないために  
  ・アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐ  
  ・梅雨から熱中症に注意しましょう  
  ・規則正しい生活リズムが大切  
  ・対策もほどほど≠ノ——これが肝心  
食べもの文化6月号
  一覧へ

5月増刊号 子どもに伝える行事食 アイデア、笑顔わくわくレシピ集
 
食べもの文化編集部 編/A5判/88頁/定価 本体1000円+税

 保育園での行事食は、日本の文化を子どもたちへ受け継ぐ重要な役割を果たしています。本書では、主な行事のいわれ、園で行われている行事食やイベント時のお楽しみ食、毎月変わるお誕生会のケーキなどを、実際に提供されているレシピ・献立を元に紹介しています。レシピの分量は、家庭でも使えるよう幼児1人分を基本にしています。

 
【主な内容】
 

1章 子どもに伝えていきたい行事食
 4月 主な行事と行事のいわれ【花見】
 5月 主な行事と行事のいわれ【端午の節句・五節句】
 6月 主な行事と行事のいわれ【田植え】
 7月 主な行事と行事のいわれ【七夕・五節句】
 8月 主な行事と行事のいわれ【お盆】
 9月 主な行事と行事のいわれ【重陽の節句・五節句】
10月 主な行事と行事のいわれ【お月見】
11月 主な行事と行事のいわれ【七五三】
12月 主な行事と行事のいわれ【冬至】
 1月 主な行事と行事のいわれ【七草粥(人日の節句)・五節句】
 2月 主な行事と行事のいわれ【節分】
 3月 主な行事と行事のいわれ【ひな祭り(上巳の節句)・五節句】

2章 お楽しみ献立&ケーキ12カ月
〇お楽しみ献立12カ月
〇ケーキ12カ月

子どもに食べさせたくない食品添加物
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No524

特集:外に出ようよ!保育園での外遊び
    ―いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱい眠ろう
保育園の外遊びにみられる子どもの育ち合い  島本一男
  ・「くう・ねる・あそぶ」が人間の基本  
  ・主体的な遊びが大切
  ・ただ走るだけが楽しい2歳児の遊び  
  ・園庭のない保育園への提案・アドバイス  …ほか  
子どもと・外遊びと・けが  上田朱実
  ・遊びのルールと危険回避の体づくり  
  ・靴や衣服にも気をつけて  
  ・けがの手当て  …ほか  
食べもの文化5月号
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No523

特集:手づかみ食べ、どうしていますか?
自分で上手に食べるようになるために  山崎祥子
「手づかみ食べ」の時期、こんなことに注意して  武田美代子
保育の現場から
  ・意欲を育てる手づかみ食べ  鈴木知美・岡本なつみ
  ・からだの発達を見て、保育士と調理師が相談しながら  大江美保
  ・家庭でも「手づかみ食べ」させてあげましょう  山西百弥
  ・手の感覚を育てる遊びを体験  高橋まり子
  ・食事は楽しく!食べる事が大好きな子に!  木村委子
  ・心の育ちに応答的に寄り添う食事  島本一男
食べもの文化4月号
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No522

 
特集:お昼寝、させるの?させないの?  神山潤

結論
はじめに
昼寝の効用
私の調査結果
この調査結果を得た当時の結論
ある講演会で
昼寝はしないほうがいい?
世界の子どもの睡眠調査からみた昼寝と夜ふかしの関係
余談
昼寝の環境
午前睡について
「うさぎとかめ」の新解釈
おわりに
食べもの文化3月号
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No521

 
特集:赤ちゃんの鉄不足
    
〜鉄の摂取と母乳・ミルク・離乳食の関係〜  小川雄二

I 母乳には鉄がほとんど含まれていない
II 離乳食で必要な栄養素を摂取する
III フォローアップミルク、牛乳の与え方
IV まとめ
V あなたの疑問にお答えします
   
(付) 赤ちゃんの鉄不足、食品の組み合わせで吸収率アップ!=12のレシピ紹介  小川美智子
食べもの文化2月号
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No520

特集:エビ・カニ・イクラは3歳過ぎてから
    ― 魚介のアレルギーに注意しましょう! ―
  眞鍋穰

魚介類(魚、軟体動物、甲殻類、魚卵)のアレルギーはなぜ起こる?
魚のアレルギーの原因抗原は?
エビ・カニなど甲殻類のアレルギーの原因抗原は?
イクラのアレルギーについて
生の魚介は幼児には与えないほうがよい理由
食べもの文化1月号
  一覧へ
↓2017年度出版↓

食べもの文化 12月号 No519

特集:食事は楽しく――。だから……、食卓を「指導」の場にしないで!
    ――第32回 食と健康を考えるシンポジウム【東京開催】から――

 ○ 食物アレルギー 最新情報≠ノ惑わされず基本を守った対応を  眞鍋穰 
 ○ 空腹→意欲的になんでも食べる→好き嫌いなし→順調な育ち  小野友紀
 ○ 睡眠時間を削ってもがんばるなんて、間違っている!  神山潤
 ○ 保育関係者は栄養の知識を持って子どもたち・保護者の伴走者に  可野倫子
 ○ 白いごはんしか食べない子にどう対応する?  島本一男
 ○ トーク&トーク・タイム
子どもの主体性を大事にして育ちを待つ気持ちで、
ちょうどいい、加減≠フ保育を
 
食べもの文化12月号
  一覧へ

10月号別冊 短時間で栄養バランス朝ごはん
 〜パンと牛乳からのステップアップ〜
 
吉田朋子 著/A5判/88頁/定価 本体1300円+税

 家庭で使える朝ごはんのレシピ集です。いままでの朝ごはんに一品加えるだけで、栄養バランスの良い朝ごはんに早変わり。幼児にとっての朝ごはんの重要性をわかりやすく伝え、実生活に役立つレシピを紹介します。

 
【主な内容】  

○幼児にとっての朝ごはんの役割
○朝ごはんに卵を加えましょう
○ながら・まとめ調理 手間も保存
○だしを毎日とる
○毎日作る蒸し野菜
○ストック食材
○丸ごと野菜の下処理
○青菜ざんまい
○肉のパレード
○魚のまとめ買い
○厚揚げ・豆腐を使って
○おかずもたっぷり炊き込みごはん
○ひじきもまとめて煮ておく

短時間で栄養バランス朝ごはん
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No517

特集:本当は怖い!加工食品の落とし穴  天笠啓祐

 1  便利だけど怖い!カット野菜   
 2 食品になりにくい部位で作るサイコロステーキ  
 3 ヘルシーに落とし穴!サラダチキンは添加物だらけ  
 4 まろやか減塩梅干は添加物たっぷり  
 5 絶対避けたいハム・ソーセージ・たらこの添加物  
 6 ミルクとは程遠い!コーヒーフレッシュ  
 7 ゆで麺より乾麺を  
 8 みりん風味、料理酒より本物のみりん、酒を  
 9  ちょっと待った!お徳用餅  
10 チリにはもともといなかった!チリ産鮭  
11 ビール、発泡酒は原材料が少ないものを  
12 牛乳・特別牛乳・加工乳・乳飲料などいろいろあるが、子どもが飲むなら「牛乳」を
13 いつまでもフワフワなパンの異常  
14 コンビニのおにぎりも食品添加物がいっぱい  
15 長持ちするドレッシングは添加物がいっぱい  
16 ナタネ油でも安心できない?安いナタネ油にご注意  
17 加工食品、食べ続けると一生でどのくらい食品添加物をたべることになるの?  
食べもの文化10月号
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No516

特集:ヒトはなぜ毎日食べるのか?  可野倫子

 (1) 食べものが体になるプロセス   
 (2) ヒトは多種類の食品を食べる雑食性動物  
 (3) どれくらい食べるのが適量なのでしょうか  
 (4) 成長のためと、病気にならないために食べる  
 (5) 良好な食習慣を持っているとよい  
 (6) 成長期と大人の栄養の違い  
 (7) 外界と呼応しながら体はある  
 (8) こんな情報に振りまわされていませんか?  
食べもの文化9月号
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No515

特集:「唾液」はからだを守る“魔法の水”  岡崎好秀

 ◇ その1 よく噛むと唾液はたくさん出る  
 ◇ その2 唾液はむし歯を防ぐ魔法の水  
 ◇ その3 唾液の素晴らしい抗菌作用と傷を治す物質
    ——リゾチーム、EGFなど
 
 ◇ その4 三つの唾液腺と唾液の二つの役割  
 ◇ その5 唾液がたまらない子が増えている  
 ◇ その6 調理形態を変えると唾液量も変わる  
 ◇ 貝原益軒「養生訓」に学ぶ健康法  
食べもの文化8月号
  一覧へ

7月号別冊   保育園のおやつ
 ―家庭でも手軽にできる、食べすぎない適量おやつ
 
食べもの文化編集部 編/A5判/88頁/定価 本体1300円+税

 保育園で長年親しまれてきた様々な種類のおやつ、行事のおやつのレシピを集めました。子どもにとってのおやつは、栄養補給という大切な役割があります。おいしくてきちんと栄養もとれる、子どもに人気のレシピ満載です。カラー写真付き。
 
【主な内容】
 

粉菓子
・ケーキ キャベツとウインナーのケーキ/ほうれん草のケーキ/他
・ドーナツ コーンドーナツ/他
・パン 揚げパン/パンプディング/他
・クッキー りんごのクッキー/オートミールクッキー/他
・バラエティ粉菓子 おにまん/コロコロアメリカンドッグ/他

ごはん類
  和風ツナおにぎり/チーズおかかおむすび/みそ焼きおにぎり/他
もち・だんご類
  フルーツもち/おからもち/ごまだんご/他
野菜を使ったおやつ
  さつまいものつけ揚げ/アーモンド入り大学いも/チーズじゃが/他
冷たいおやつ
  カルピスゼリー/みかんぜりー/他
バラエティおやつ
  フルーツトライフル/焼きりんご/マカロニナポリタン/他
行事のおやつ
  5月こどもの日 ごはんでいちご大福/7月たなばた たなばた寒天ゼリー/9月お月見 お月見だんご/他

7月別冊 保育園のおやつ
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No514

特集:微糖・無糖・ノンアルコール飲料

 ◇ チェック!チェック!#糖・無糖・ノンアルコール飲料  天笠啓祐 
  T こうして微糖・無糖の時代が来た
U 微糖・無糖飲料の「?」
V ノンアルコール飲料の「?」
W アセスルファムKとその毒性
 
 ◇ コラム・何を飲むの、食べるの、水分補給  安藤節子
 ◇ 資料・清涼飲料の糖度一覧  
食べもの文化7月号
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No513

特集:家庭で食べさせてからでないと給食で出せない?

 ○ 「新しい食材は、家庭で試してからでないと保育園では与えてはいけない」という誤解について  眞鍋穰 
 ○ たんぱく質食品は必ず試してから  鈴木ゆかり 
 ○ 「食材表」をチェックできない理由もいろいろある  林野朋子
 ○ 「食材試し」は記入しやすい一覧で  熊澤美幸
 ○ 卵、牛乳は通常より遅く、保護者、保育士、看護師と確認しあいながら  大江美保
食べもの文化6月号
  一覧へ

5月増刊号 子どもに食べさせたくない遺伝子組み換え食品
 
天笠啓祐・食べもの文化編集部 編著/A5判/80頁/定価 本体1000円+税

 遺伝子組み換え作物の栽培が本格的に始まり、私たちの食卓にも食品として入ってくるようになり、20年が経過しました。 本書では、遺伝子組み換え食品の現状に加えて、さまざまな問題点や、日常的に食べているどのような食品になっているかなど、詳細に伝えます。

 
【主な内容】
 

1章 遺伝子組み換え食品ってなあに?
1 遺伝子組み換えとは?
2 どうやってつくる?
3 なぜつくるの?

2章 私たちが食べている遺伝子組み換え食品
@ どのような食品になっている?
A 遺伝子組み換え食品添加物とは?
B 子どもたちがよく食べる食品では?
C 分かりにくい遺伝子組み換え食品の表示

3章 遺伝子組み換え作物はどんな影響をもたらすの?
@ 環境への悪影響が広がる
A 食の安全に大きな問題
B 多国籍企業による種子支配・食料支配が進む
C 子どもたちに遺伝子組み換え食品を食べさせないために

子どもに食べさせたくない食品添加物
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No511

特集:子どもの貧困—食にも影響

 ○ 子どもの貧困とは―何が問題!どう考える?  浅井春夫 
 ○ 子どもの貧困と食生活—調査から見えてきたもの  村山伸子 
 ○ 貧困による子どものからだと心への影響  野井真吾
 ○ 子どもにひらかれた「誰でも食堂ハーモニーカフェ」  田中まさみ
食べもの文化5月号
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No510

 特集:こだわる・食べられない・食品幅が広げられない
    ―そんな子どもの気持ちにより添って

 ○ 白いご飯しか食べない子にも、「楽しく食べられる」環境を  横山真由美 
 ○ 子どもが『楽しく食べられること』『好きな物・食べたい物を増やすこと』を大切にし、より添うことで、子どもに何が育つのか  青木紀久代 
 ○ 極端な偏食のIちゃんにより添って6年  宍戸洲美
食べもの文化4月号
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No509

 
特集:2歳未満の子に与えてよいもの・悪いもの

 
 ○ 赤ちゃんには、与えて「よいもの」と「悪いもの」がある  小川美智子 
 ○ 2歳未満の子が食べてよいもの・悪いもの$H品早見表
穀類 芋類 豆類 魚類 肉類 乳類 卵類 野菜類 果物類 きのこ類
海藻類 漬物 揚げ物 その他(調理料等、油、飲料、だしなど)
  

no image

  一覧へ

食べもの文化 2月号 No508

 
特集:食事はコミュニケーションとことばの発達をうながす  山崎祥子

 
 ○ 食事時間はことばを発達させるのにふさわしい時間です  
 ○ 授乳中の親子のやりとりにコミュニケーションの原型があります  
 ○ 泣き声やしぐさで赤ちゃんの気持ちが分かります  
 ○ 3、4、5歳のことばの発達はこのようにすすみます  
 ○ 人間だけが持っている「共食」の気持ち  

no image

  一覧へ

食べもの文化 1月号 No507

 
特集:え、ホントですか?!「母乳によるアレルギー」

 
 ○「母乳によるアレルギー」とは何か? 眞鍋穰
  PART・1
   Q&A「母乳によるアレルギー」についての疑問にお答えします
 
  PART・2
   「母乳によるアレルギー」についてのまとめ
 
  PART・3
   アレルギーを起こす仕組み
 
 [参考]母乳中のPCB、ダイオキシンについて  
 体験記 食物アレルギーの子の「母乳育児」 海野りつ子
食べもの文化1月号
  一覧へ
↓2016年度出版↓

食べもの文化 12月号 No506

 
特集:子どもたちのすこやかなからだと心は楽しい食事から
   —第31回食と健康を考えるシンポジウム【東京開催】から

 

 ○可愛い参加者と一緒に「おりこう脳」を活性化しました?

小峰恵子

 ○貧困化する子どもの問題も視野に

宍戸洲美

 ○食物アレルギー:誤った情報に惑わされず、積み重ねた経験をもとに対応しましょう

眞鍋 穰

 ○離乳食:赤ちゃんの一人ひとりの口の動き、舌の動きを知ることで、離乳食を作るときの食材の大きさや硬さがわかります

小川美智子

 ○魚と放射能汚染:福島第一原発から20q以遠の魚はまず安心なのだけれど

片山知史

 ○じょうずに噛める:気になることがあっても、無理に引いたり押したりしないで伴走する気持ちで子育てを

山崎祥子

 ○保育園の給食:どのような大人に育ってほしいかという思いを込めて

小野友紀

 ○参加者とのディスカッション:新人もベテランも同じ仕事仲間話してよかった、深まった、自信が持てた

 
食べもの文化12月号
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No505

 
特集:さつまいもと豆は秋の味覚

 
 ○食育は「食べものを話題にする子ども」を育てること 小川雄二
 ○でっかいお芋あったよ〜=@きょうはみんなで「さつまいも掘り」 植草真喜子・角倉香
 ○子どもがよろこぶ 豆とさつまいものレシピ集 小川美智子
 ○豆の栄養・二つの顔――たんぱく質、炭水化物――
  いも類の炭水化物とビタミンCの栄養成分比較
可野倫子
食べもの文化11月号
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No504

 
特集:0歳・1歳・2歳未満 離乳期の食事

 
 離乳期の食事――保育園での進め方 末次敦子
  その1 最初の面談と食事 栗原 久
  その2 離乳食のための試食会  天笠啓祐
  その3 離乳食がうまく進まない時食べない時 岡崎好秀
  その4 初めての食材  
  その5 離乳期の食事の進め方  
 
 離乳期の食事の疑問、保育園での対応の仕方 伊藤陽子
  T 離乳食ってそもそもなに?  
  U いつから、何回食にすればよいのか?  
  V 率直なみんなの疑問に答えます  
 
 海外の離乳食  
  韓国 イ・ウンギョン/アメリカ 東昌美/フランス 増田葉子  
食べもの文化10月号
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No503

 
特集:延長保育の食事

 
 ○子どもにとって、夕食とは
  ―忙しい毎日、食べること∞寝ること≠ヌう考えたらいい? 
伊 藤陽子
 ○延長保育の食事、こうしています 蒲田結衣
 ○1時間延長の子には補食を 2時間延長の子には夕食を 矢沢知子
 ○私の園の補食について 島本一男
 ○延長保育について、ちょっと立ち止まって考えてみましょう 逆井直紀
 ○子どもも大人も笑顔になれる延長保育を 渡邊暢子
食べもの文化9月号
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No502

 
特集:えっ! こんなに食べてるの食品添加物
    ――許可されているものは本当に安全なのか?
  
天笠啓祐

 
 ○食品添加物とは何か?
 ○食品添加物にはどんな種類があるのか?
 ○添加物の安全は確認されているのか?
 ○添加物はどんな目的で使用されているのか?
 ○添加物はどのように表示されているのか?
 ○表示されない添加物も?
 ○遺伝子組み換え技術で食品添加物が作られている?
 ○輸入添加物が増えている
 ○増え続ける添加物の種類
 ○子どもが摂取しやすい添加物とは?
 ○どのようにしたら添加物の摂取を抑えられるか?
食べもの文化8月号
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No501

 
特集:子どもにはダメ! カフェイン入り飲料

 
 ○カフェインはこんな飲み物に入っています  
 ○カフェイン入り飲み物いいの? 悪いの? 栗原 久
 ○エナジードリンクの中身はカフェインと糖分 天笠啓祐
 ○子どもにスポーツドリンクなんてとんでもない
  ―歯を溶かしたり生活習慣病のリスクがある―
岡崎好秀
 資料・清涼飲料糖度一覧  
 資料・砂糖ではない甘さ  
 
 ●TPP協定の問題点と今後のゆくえ
  —日本人の食、命、健康、暮らしは大丈夫なのか—
坂口正明
食べもの文化7月号
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No500

 
特集:『食べもの文化』500号記念 これからの保育と食育を考える

 
 ★『食べもの文化』のこれまで、そしてこれから 安藤節子
 ★これからの保育と食育—子どもの生きる力に寄り添う食育 小川雄二
 ★世界の子どもと日本の子どもの食と健康 宍戸洲美
 ★食事は心を育てるいとなみ 室田洋子
 ★子どもは社会との関係性の中で成長する 島本一男
 ★いまこそ「農」に急接近!
   —子どもたちにもすすめよう「農」への参加
中島紀一
 ★アレルギーは、なぜ増えているのか? 眞鍋 穰

【特別企画】3.11から5年

 ◇ 市民がつくった放射能測定室「たらちね」の活動
  —子どもたちの健やかな成長と笑顔のために
鈴木 薫
食べもの文化6月号
  一覧へ

5月増刊号 避けたいおやつ・食べさせたいおやつ
 
天笠啓祐・食べもの文化編集部 編著/A5判/88頁/定価 本体1000円+税

 子どもにとってのおやつの役割、どんなものをどれ位、いつ食べたらよいのか、また避けたい食べ方や気をつけたい市販のおやつがわかります。

 

【主な内容】

子どもに避けたいおやつ編
 

1章 こんな食べ方は避けましょう
・ 1日に何度も食べるおやつは避けましょう
・ 量が多いおやつは避けましょう

2章 こんな市販のおやつは避けましょう
・ トランス脂肪酸・異性化糖・人工香料
・ 歯を溶かす酸性の強い飲み物

3章 種類別市販のおやつ それぞれどんなもの
・ スナック菓子 ・ チョコレート菓子 ・ 菓子パン ・ アイス類 
・ ガム、キャンディー、グミ類

子どもに食べさせたいおやつ編
 

1章 子どもに食べさせたいおやつ
・ こどもにとってのおやつ
・ おやつの量はどれくらい? いつ食べるといいの?

2章 栄養バランスバッチリ! 子どものおやつ組み合わせ
・ エネルギーになる主食系のおやつレシピ+何をプラスするとよいか
・ タンパク質が摂れる主菜系のおやつレシピ+何をプラスするとよいか
・ ビタミン・ミネラルが摂れる副菜系のおやつレシピ+何をプラスするとよいか
・ おやつレシピいろいろ
・ 市販品で組み合わせるおやつ

 

避けたいおやつ・食べさせたいおやつ
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No498

 
特集:朝お腹がすくリズムを大切に

 
★子どもの頃から、朝お腹がすきません!  ずっとLサイズさん
★読者サポーターに聞きました お腹がすかない子の姿
★「朝お腹がすく脳」をつくるために覚えておきたい10の心得  成田奈緒子
命を守るための行動/人間はスズメと同じ昼行性動物/あなたは、毎朝、飢えてますか?/子どもを育てる大人の最も重要な役目/まずは「からだの脳」を育てる/親の悩み—食べてくれない、寝てくれない/土台があって「お利口さんの脳」が育つ/10 歳過ぎたころ「こころの脳」が育つ/三つのパートの発達順序とバランス/朝お腹がすくための10の心得/脳には「可塑性」あり、いまからでも大丈夫/10の心得を実行した三つの事例/この心得集を胸に刻んで幸せな人生を  
食べもの文化5月号
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No497

 
特集:おもしろオムニバス講演 保育園の食を楽しむ  島本一男

 
1 子どもってすごいな
2 関係性を強める
3 子どもの立場に立って考える
4 食の自立って何だろう
5 子どもの気持ちを理解する
6 子どもにとって最善の利益を
7 価値観を共有する
8 ESDを意識した食育・保育
9 多彩な、食にまつわる活動

【特別企画】3.11から5年

東京電力福島第—原発事故とはどういう事故だったのか 本誌編集スタッフ(E)
「大震災」ではくくれない放射能汚染 岩倉政城
食べもの文化4月号
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No496

 
特集:子どもが楽しく食べられる環境づくり>
    —第30回食と健康を考えるシンポジウム【大阪開催】より

 
口だけを見ないで からだ全体の発達のなかで見る 山崎祥子
旬を生かした日本の食で安全・安心を 小川美智子
食物アレルギーは 原因食品を食べないで治す 眞鍋 穰
まずは大人が元気で朗らかであること 成田奈緒子
あっ、そうなんだ! 疑問・悩みが解消しました

【特別企画】3.11から5年

東日本大震災はどんな災害だったのか 本誌編集スタッフ(E)
園児たちの体温を机の下で感じて決意したこと
—東日本大震災を仙台で体験して
岩倉政城
食べもの文化3月号
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No495

 
特集:子どもの便秘

 

◇どんな状態を便秘というのか—便秘の原因と治療  倉信 均
◇Q&A 子どもの便秘・排便 あなたの疑問に答えます  鈴木陽子
◇ワンポイント・アドバイス  上田朱実
◇赤ちゃんの便秘が増えてます—マッサージで優しく治してあげましょう  加藤尚子
◇子どもの便秘に有効な食べもの・暮らし方  可野倫子
 〈付〉便秘に有効な食事レシピ

食べもの文化2月号
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No494

 
特集:食物アレルギー 間違った情報にご注意を!

 
1 「食べて治す」は正しい情報?
「食べて治す」の落とし穴—鶏卵を食べて治すの報告について/閾値テストは難しい/「牛乳を飲んで治す」に疑問/「早くから食べればピーナッツアレルギーにならない」は本当か?/母乳しか飲んでいないのになぜアレルギーに?/ゴマ、そしてピーナッツと白樺の関係
2 これは食べても大丈夫ですか?
卵アレルギーでもマヨネーズは大丈夫?/卵アレルギーでも食べられる卵があるってホント?/小麦アレルギーでも、スパゲッティは食べても大丈夫?/小麦アレルギーですが、麦茶は飲んでいいですか?/大豆アレルギーでも大豆油は使ってよい?
3 食物アレルギー 基本のき
外敵≠ゥらからだを守る反応/食物アレルギーの症状/原因となる食物を食べないことが基本/食べられるようになったら除去を緩める/アナフィラキシーと解除について/具体的な解除の仕方
食べもの文化1月号
  一覧へ


2016年〜|2013年〜2015年2010年〜2012年2007年〜2009年2006年以前